山口百恵とは?

昭和を代表するアイドルだった山口百恵

山口百恵さんといえば、昭和を代表する大スターであり、日本人なら誰もが一度は名前を聞いたことがあると思います。未だにテレビ番組でも伝説のアイドルとして取り上げられることが多く、多くのファンから愛されていたことがわかります。
ファンも一般市民のみならず、多くの芸能人や著名人からも『昭和の大スターといえば山口百恵』と言わしめており、多方面から認められていた存在だったことがわかります。




山口百恵のプロフィール

芸名 山口 百恵
本名 三浦 百惠
ペンネーム 横須賀 恵
生年月日 1959年1月17日
血液型 A型
結婚相手 三浦友和
子供 三浦祐太朗(長男)、三浦貴大(次男)

山口百恵の代表曲

山口百恵さんは、33枚のシングルと22枚のアルバムを発表しました。多くの曲がオリコンで上位にランクインしており、現在もカラオケなどで人気となっています。その中でも、特に人気の曲を紹介したいと思います。

山口百恵 いい日旅立ち
山口百恵 プレイバックPart2
山口百恵 横須賀ストーリー
山口百恵 さよならの向こう側
山口百恵 秋桜


山口百恵の現在

『山口百恵が劣化!』などの題材で、多くのブログや週刊誌で取り上げられていましたが、現在の写真がこちら。

山口百恵の現在は肝っ玉母さん!

なんと、、、確かにアイドル時代から何年も経っているので、過去のイメージを押し付けるには無理がありますが、現在は正直なところそこら辺で見かけるおばちゃんに見えるような。体型もぽっちゃりとしており、関西のオバちゃんが好みそうな柄のパンツを履いています。

山口百恵の現在は肝っ玉母さん!2

こちらも現在の山口百恵さん本人ですが、体型はふっくらしていますが服装は上品さが伺えますね。目元も面影が残っているように感じられます。




山口百恵の生い立ちと人生

愛人の子として生まれ、父親を憎んで育った子供時代

山口百恵さんといえば、両親の愛人関係という間に生まれた子として有名です。母親に楽をさせるためにも、芸能界入りし精力的に活動していたとされています。

山口百恵 三浦友和との結婚

1979年10月20日、山口百恵さんは『私が好きな人は、三浦友和さんです。』と、突然の交際発表をします。それに対するように、三浦友和さんも『結婚を前提にして付き合っています』と正式に発表しました。そこから結婚までの道のりはスピーディでした。
1980年3月7日に、婚約発表を行い、
『我儘な…生き方を私は選びました。』
『お仕事は全面的に、引退させて頂きます。』
という突然の引退発表を行い、日本中に激震が走りました。

家族のために芸能界を引退

山口百恵さんの両親は、愛人関係の中で百恵さんを身籠ったことでも非常に有名になっています。父親は本妻とは離婚もせずに、ダラダラと愛人関係を続けていたとされ、百恵さんの母親は女手ひとつで育ててきたようです。それにも関わらず、本人がアイドルとしてスターダムを駆け上がる度に父親ヅラをしてしゃしゃり出て、借金や親権問題など多くの問題を引き起こしたそうです。
このような経緯から、山口百恵さんは父親を非常に憎んでいたようで、最終的には絶縁に至ったということです。

こういった背景からも、自分の子供達には家族の愛情をしっかりと感じられるような家庭を作りたかったのではないでしょうか。言葉で言うのは簡単ですが、あれだけのスターがスパっと引退できることは、山口百恵さんの人間としての素晴らしさが成せたことではないでしょうか。

山口百恵の息子も芸能界へ

三浦 祐太朗

長男の三浦 祐太朗さんは1984年4月30日生まれで、ミュージシャンとして活躍しているとのこと。大スターの2世であることからプレッシャーもすごいと思いますが、息子さんもスターになったらすごいことですね!

三浦貴大

次男の三浦 祐太朗さんは1985年11月10日生まれで、俳優として活躍しています。小さな頃から水泳を習っており、ライフセービングの大会でも活躍していました。鍛えぬかれた肉体美を武器に、大正製薬「リポビタンD」のCMにも起用されるなど、多方面で活躍中とのことです。

まとめ

確かに見た目は歳相応になってしまったかもしれませんが、本人が考えていたような幸せな家庭は築けたのではないでしょうか。今後もメディアに出るようなことはないかもしれませんが、大きな決断で築き上げた幸せを、ずっと守り続けてくれたらいいですね。